乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

ハパグロイドの日本語サイトオープン
外国客船
2013/09/27
郵船クルーズは27日、ドイツのハパグロイド・クルーズの日本語ウェブサイトを開始した。郵船クルーズは同社の日本での販売代理店業務を務めている。ハパグロイド・クルーズは150年の歴史を持つドイツの老舗海運会社のクルーズ部門で、ドイツのハンブルクに拠点を置き、ラグジュアリー客船「オイローパ」「オイローパ2」の2隻と、探検船「ブレーメン」「ハンセアティック」の2隻を運航している。

「オイローパ」は1999年から発行されているベルリッツ刊「クルージング&クルーズシップス」で唯一5つ星プラスを獲得しているラグジュアリー客船。「オイローパ2」はその名を受け継ぐ客船として2013年5月に就航した。「ハンセアティック」と「ブレーメン」の2隻の探検船は極地クルーズを多く実施している。各船の詳細は下記のとおり。

ハパグロイド・クルーズはドイツの船会社で船内の公用語はドイツ語。ただしオイローパ2は全航海でバイリンガル・クルーズを実施しており、それ以外の3船でも多くのバイリンガル・クルーズが設定されている。バイリンガル・クルーズでは、船内新聞や船内放送はドイツ語と英語で案内される。

■ハパグロイド・クルーズ日本語ウェブサイト
http://www.hl-cruises-japan.com/


■ハパグロイド・クルーズ客船データベース

「オイローパ」
http://cruise-mag.com/cruise_db/profile.cgi?_v=1316272773&tpl=view

「オイローパ2」
http://cruise-mag.com/cruise_db/profile.cgi?_v=1335047668&tpl=view

「ブレーメン」
http://cruise-mag.com/cruise_db/profile.cgi?_v=1316272770&tpl=view

「ハンセアティック」
http://cruise-mag.com/cruise_db/profile.cgi?_v=1316272771&tpl=view







ページTOPへ