乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

ディズニー、今夏から『アナと雪の女王』ステージなど実施
外国客船
2015/01/23
ディズニー・クルーズラインは22日、同社のクルーズに映画『アナと雪の女王』にインスパイアされた新たなエンターテインメントやイベントなどを盛り込むことを発表した。乗客はショーやエンターテインメントなど、さまざまな場面で映画のような「氷の世界」の雰囲気を楽しめる。

「ディズニー・マジック」(83,338トン)と「ディズニー・ワンダー」(83,308トン)のヨーロッパ&アラスカクルーズでは、「氷の世界」を楽しむ一日を設ける。まずは朝からアトリウムが氷柱がきらめく氷の世界をイメージしたものに。階段には映画の中でエルザが山頂にある氷の宮殿をイメージした装飾を行う。

加えて夜のエンターテインメントは「アナ、エルサと仲間たちと楽しむ氷の夜」と題したデッキパーティーを実施。船の上部デッキに氷を散りばめ、氷柱なども飾る。ショーはラインダンスでスタートし、クリストフがアイスピックをまわしながら登場する印象的なシーンも盛り込む。

そのほか、同クルーズではアナやエルサ、クリストフ、オルフなど映画キャラクターと過ごす時間を設けたり、またアナの冒険を体現する宝探しゲームを行ったりする。「氷の世界」をテーマにしたディナーを設け、映画の世界やノルウェーの伝統料理にインスパイアされた料理を供する。

「ディズニー・マジック」(83,338トン)で2015年6月6日からスタートするノルウェー・クルーズでは、「妖精」をテーマにした新たな寄港地ツアーを設ける。例えばオーレスンでは、アナやエルサとともにおとぎ話のような小さな村を訪ねたりできる。

同船でのショー『ディズニー・ドリーム』では、他のディズニー・キャラクターに交じってアナやエルサ、オラフの3キャラクターが登場。『レット・イット・ゴー』『生まれてはじめて』『憧れの夏』の3曲を披露する。

そのほか、ディズニー全船の船上に、アナとエルサとオラフのキャラクターが登場。乗客は一緒に写真を撮るチャンスもある。加えてディズニー・クルーズラインが所有するカリブ海の島「キャスタウェイ・ケイ」では、オラフをモチーフにした「フローズン・バー」をオープン。ノン・アルコールのフローズンドリンクを提供し、カップも持ち帰れるサービスを実施する。写真=(c)Disney







ページTOPへ