乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

サンスターライン、参入した貸切バス事業で試乗会
フェリー
2016/10/05
大阪〜釜山間で運航されているフェリー「パンスター・ドリーム」の日本総代理店サンスターラインが参入した貸切バス事業が今月からスタートした。その皮切りに、4日、旅行・メディア関係者を対象とした試乗会が開催され、一行は大阪・難波から奈良県橿原市を訪れた。

サンスターはフェリーで訪日する韓国からのインバウンド観光客が、関西に着いてからも移動しやすいよう旅行客の利便性向上を図るためバス事業に参入した。同船乗客だけでなく、他の利用にも拡大していきたい考え。新しく中型バス2台を先月導入し、試乗会を開催した。バスは最大28人利用でき、座席も余裕を持たせているのが特徴。回転サロンシート、DVDカラオケ、全席USB端子付きで、車内Wi-Fiも完備している。

橿原市には昨年、釜山の大学から「パンスター・ドリーム」で約1100人が研修旅行で訪れた。橿原市はインバウンドによる訪日観光客増加を積極的に進めており、今後も受け入れていきたい方針で、今回の試乗会では橿原市が選ばれた。試乗会では、橿原神宮、石舞台古墳、国内最大級を誇る伝統的な街並みを保存した今井町を見学した。橿原観光では、橿原の観光振興を企画している「一般社団法人日本の寺子屋」が協力した。なお試乗会は6日も開催する。バス事業の問い合わせ先はサンスターライン旅客企画営業(電話06-6614-2581)。

(写真左)サンスターが導入した貸切バス
(写真中)バスの車内
(写真右)風情の残る今井町を見学







ページTOPへ