乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

フッティルーテン、新探検船は客室の6割がバルコニー付き
外国客船
2016/10/21
フッティルーテンは新造する探検船の詳細を発表した。就航は2018年と19年に一隻ずつ、加えて2隻のオプションがある。船名は1隻目が「ロアール・アムンゼン」、2隻目が「フリチョフ・ナンセン」。ともに極地探検で知られるノルウェー人探検家に由来する。設計はロールス・ロイスと、ノルウェーのヨットデザイナー、エスペン・オイノ氏によるコラボレーションで行われる。内装はスカンジナビア・デザインを特徴とし、花崗岩、オークや樺など木材、ウールなど自然素材を使用する。客室の6割はプライベート・バルコニーを備え、2割はスイート仕様。寄港地の味覚が楽しめるレストランは3カ所設置する。プールデッキにはインフィニティー・プールが登場、ジャクジーとバーも備える。乗客が自然と野生生物を船上から観察できるよう広いデッキ空間も確保される。

環境にも配慮し、最新技術を用いてこれまでより15から30分長く電気での推進が可能に。最新の船体構造と効率的な電力消費によって排出物を20パーセント削減する。

フッティルーテンのダニエル・スケルダムCEOは「われわれは乗客をクルーズではなく探検にお連れする。フッティルーテンの探検で、より広く、より深く自然を感じる経験には、快適な船上環境は欠かせない」とコメントしている。

1隻目「ロアール・アムンゼン」のクルーズスケジュールは11月に発表予定。

■「ロアール・アムンゼン」、「フリチョフ・ナンセン」
全長:140メートル
全幅:23.6メートル
高さ:29メートル
喫水:5.3メートル
乗客定員:530人/客室数:265室
氷海を航行できる探検船仕様

画像1点目:「ロアール・アムンゼン」就航イメージ
画像2点目:インフィンティー・プールのあるプールデッキ
画像3点目:バルコニー付き客室







ページTOPへ