乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

姫路で瀬戸内クルーズセミナー、募集の2倍出席
業界
2016/11/21
「瀬戸内クルーズセミナーin姫路」が15日、姫路市内で開催された。募集100人を超える2倍の約200人の自治体関係者などが出席し、クルーズ客船誘致への関心の高さを伺わせた。主催は瀬戸内海観光連携推進会議。共催は姫路市、関西クルーズ振興協議会、中国地方クルーズ振興協議会、九州クルーズ振興協議会。後援は、せとうち観光推進機構、瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会。

基調講演では、両備グループの小嶋光信代表兼CEOが「瀬戸内海は世界的な観光地になりえるエリアだ」などと、瀬戸内海の観光ポテンシャルを高く評価した。クルーズ船社からプレゼンが行われ、寄港を決める際の条件や自治体、港への要望など話した。説明したのは郵船クルーズの村山公崇運航部ツアーチーム長、商船三井客船の鈴木則幸商品企画グループリーダー、日本クルーズ客船の嶽尾昌徳営業部企画課担当副長、カーニバル・ジャパンの松下智一大阪営業所長、ミキ・ツーリストの百武達也クルーズカンパニー長、マーキュリー・トラベルの東山真明代表取締役、コスタ・クルーズ日本支社の津和野隆セールスマネージャー。プレゼン後、クルーズに関する個別相談会が開催され、自治体関係者などが船社と面談を行った。

写真左=募集の2倍の200人が参加
写真右=個別相談会のようす







ページTOPへ