乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

阪急、2018GWにMSCとNCLを初日本発着の2隻同時チャーター
外国客船
2017/04/10
阪急交通社は2018年4月28日(土)から5月6日(日)まで、MSCクルーズの「MSCスプレンディダ」(13万7936トン)とノルウェージャン・クルーズライン(NCL)の「ノルウェージャン ジュエル」(9万3502トン)を2隻同時チャーターし横浜発着クルーズを実施する。10日、都内で会見し発表した。日本発着クルーズは、MSC、ノルウェージャン両社にとって今回が初。両船とも2018年が日本初寄港となる予定。

MSCスプレンディダを利用した「日本一周 青森・福岡・神戸・釜山9日間 桜舞い踊る春色クルーズ」は横浜発着で青森、博多、神戸、釜山に寄港する。横浜含め全港が初寄港。青森では弘前の桜の見ごろが期待でき、博多では博多どんたくが開催中。船内では地元スタッフによる青森ねぶた祭実演や、博多どんたくの楽しみ方講座など寄港地にちなんだイベント、イタリア客船らしいオペラやクラシックなどの演奏、イタリア語講座などを実施する。

春色クルーズでは2回のフォーマルナイトを予定。ディナーは2シーティング制とする。MSCスプレンディダは、専用プールやラウンジ、バトラーサービスを利用できる上級客室「MSCヨットクラブ」を68室備えていることも注目される。

ノルウェージャン ジュエルを利用した「南の島々を巡る 高知・那覇・石垣島・台湾(基隆)9日間 南国の楽園 夏色クルーズ」は横浜発着で高知、那覇、石垣島、基隆に寄港。那覇〜石垣島間に石垣出身の歌手・夏川りみさんが乗船しコンサートを行う。船上イベントとしてダンス教室と発表会、子供向け英会話教室、運動会、フットサル教室などを予定している。

秋色クルーズではノルウェージャンの掲げる「フリースタイル・クルージング」のとおり、ドレスコードはなし、ダイニングも時間・場所の指定がないフリーシーティーング制とする。ノルウェージャン ジュエルも上級客室エリア「ザ・ヘブン」対象の客室が16室あり、専用プールデッキやレストランなど優先予約が利用できる。

2クルーズ共通の特徴としては、1室3・4人目の13歳未満の子供が無料となる。船会社の日本語スタッフに加え、阪急スタッフが80〜100人乗船し日本語をサポート、日本語専用デスクも設置する。

阪急交通社の松田誠司社長は「ゴールデンウィークを始まりから終わりまで利用し平日は5月1日と2日のみという一番の日程。MSC、NCL両社とも初の日本発着、初のチャーターとなる。わが社は東京と大阪にクルーズセンターを新たに設置した。ヨーロッパ、アラスカ、カリブなど航空機チャーターを組み合わせたフライ&クルーズにも力を入れている。クルーズ販売を拡大していきたい。そして今回はこれまでのチャータークルーズのノウハウを生かし付加価値を高めたい。この2クルーズはインバウンドの部署でも一定の割合を販売する予定。日本の旅行会社によるチャータークルーズでは初めてのことだろう。クルーズ商品を重要な位置としてこの分野のリーディングカンパニーを目指したい」と意気込みを語った。

発着港となる横浜市の伊東慎介港湾局長は講演に立ち「今回は横浜発着クルーズを実施していただくことになりたいへん光栄。この時期は客船4隻が同時に寄港する予定だ。万全の態勢でお迎えできるよう準備を進めている」と発着クルーズ実現の喜びを語り、横浜港の歴史や、大さん橋国際客船ターミナルの利便性、新港ふ頭や大黒ふ頭の今後の整備予定などを説明した。

MSCクルーズジャパンのオリビエロ・モレリ社長は「MSCクルーズは地中海クルーズにおいて日本のお客さまの送客ナンバーワン、シェアは15パーセントを超える。2018年はMSCクルーズジャパンが創立10周年の記念の年。日本のお客さまに地中海流のおもてなしを楽しんでいただきたい」とあいさつ。ノルウェージャン・クルーズラインのヴァイスプレジデント・セールス・アジアのフェリックス・チャン氏は「ノルウェージャンは2015年からアジア太平洋地域で販売促進を進め、東京を含む7カ所にオフィスを開設した。ノルウェージャンの特徴は@フリースタイルクルージングA多彩でハイクオリティーなダイニングとエンターテインメントBバラエティー豊かな客室の3つ。日本のお客さまに最高の旅を提供する」と述べた。

チャーター2商品について説明に立った阪急交通社東日本営業本部クルーズセンター課長の平藤実氏は「2隻はドレスコードの有無、ダイニングのシステムなど個性的で対象的。3、4人目の13歳未満のお子さまは無料と代金設定にも自信を持っている。2018年のゴールデンウィークはぜひ阪急交通社をご利用いただきたい。5月6日の横浜は下船した7,000人のお客さまの笑顔でいっぱいになるだろう」と希望を語った。

MSCスプレンディダはクルーズは既報のとおり、5月6日発から自主クルーズでの横浜発着クルーズも予定している。

クルーズの概要は下記のとおり。
写真は左からチャン氏、モレリ社長、伊東局長、松田社長、平藤氏。

■MSCスプレンディダ 日本一周 青森・福岡・神戸・釜山9日間 桜舞い踊る春色クルーズ
日程:2018年4月28日(土)〜5月6日(日)
コース:横浜(大黒ふ頭)〜(終日航海)〜青森〜(終日航海)〜釜山〜福岡〜(終日航海)〜神戸〜横浜(大黒ふ頭)
旅行代金:9万9800円(内側/ベッラ)〜69万9800円(ロイヤルスイート)
1室3・4人目(13歳以上)代金の設定あり。1室3・4人目の13歳未満の子供は0円(別途ポートチャージ、船内チップが必要)


■ノルウェージャン ジュエル
南の島々を巡る 高知・那覇・石垣島・台湾(基隆)9日間 南国の楽園 夏色クルーズ
日程:2018年4月28日(土)〜5月6日(日)
コース:横浜(山下ふ頭)〜高知〜(終日航海)〜那覇〜石垣島〜基隆〜(終日航海)〜横浜(大さん橋)
旅行代金:11万9800円(内側)〜180万円(ガーデンヴィラ)
1室3・4人目(13歳以上)代金の設定あり。1室3・4人目の13歳未満の子供は0円(別途ポートチャージ、船内チップが必要)







ページTOPへ