乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

東海汽船、ジェットフォイル建造 船体デザインは野老氏
フェリー
2017/05/15
東海汽船は、伊豆諸島航路向けのジェットフォイル1隻を川崎重工業・神戸工場で建造し、2020年6月頃に就航させると発表した。

ジェットフォイルの建造は、国内では1995年以来、22年ぶり。同社が所有するジェットフォイル4隻のうちの1隻「セブンアイランド虹」(1981年竣工、281トン)の代替となる。船体のカラーリングデザインは、東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレムのデザインなどを手掛けるアーティストの野老朝雄(ところ あさお)氏が担当し、船名のネーミングも行う。

同氏は、9.11以降、「繋げる事」をテーマに紋様制作を始め、大名古屋ビルヂング下層部ファサードガラスパターンや、BAO BAO ISSEY MIYAKEへの『TOKOLO PATTERN』アートワーク提供などに携わってきた。東海汽船が本土と伊豆諸島を「繋ぐ」役割を担っていることから、今回初めて船体へのカラーリングを手掛けることとなった。

建造するジェットフォイルは全長27.5メートル(水中翼ダウン時)、幅8.5メートルと小型ながら、254名の旅客定員を有する。航海速力は43ノット(時速80キロメートル)。



写真(左)代替となる「セブンアイランド虹」(右)野老氏デザインの「PPP Magnet」(唐草文様に似たピースを縦横左右どのように繋げても繋がるマグネット作品)







ページTOPへ