乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

6港に国際旅客船拠点港湾の指定書を交付
業界
2017/07/27
石井啓一国土交通相は26日、横浜、清水、佐世保、八代、本部、平良の6港の港湾管理者に対し、「国際旅客船拠点形成港湾」の指定書を交付した。今後、港湾管理者とクルーズ船社が連携し、受入環境の改善と旅客施設の整備を通じ、国際クルーズ拠点の形成を目指す。石井国交相は「ぜひ、みなさんが全国のクルーズ拠点のモデルケースとなって、観光立国の実現のけん引役となることを期待したい。国交省としても最大限の支援をしていきたい」と話した。

今月8日、改正港湾法が施行され、旅客ターミナルビルなどを整備するクルーズ船社に対して、岸壁の優先使用を認める制度を新設した。同制度を活用することで、寄港を促し、政府が掲げる訪日クルーズ旅客500万人の達成を目指す。

写真:石井啓一国土交通相(写真右から4番目)と指定書を交付された6港の港湾管理者ら







ページTOPへ