乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

フェリーさんふらわあ、新「さんふらわあさつま」5月15日に就航
フェリー
2018/02/22
商船三井グループのフェリーさんふらわあは、大阪/志布志航路に投入する新造フェリーの第1船「さんふらわあさつま」が5月15日に就航すると発表した。3月15日午前9時から予約を開始する。第2船も今夏に就航する見通しだ。

新造フェリーはジャパンマリンユナイテッド(JMU)で建造されている。3フロア吹き抜けのエントランスホールは現行船の2.5倍に拡張した。エントランスホール内にあるアトリウムでは、四季や海、宇宙のプロジェクションマッピングを楽しめる。レストランも席数が2割増の206席となり、バイキングメニューもリニューアル。九州の地元食材を活用した食事や、名物さんふらわあカレーも楽しめる。

客室部分では全117室のうち94室を個室化し、全室シャワー・トイレ、洗面台、冷蔵庫を置いた。最上級客室となるスイートルームも初めて設置。デラックスルームにもウィズペットルームを作ったほか、関西/九州航路として初のドッグランを併設した。このほか、操舵室上にブリッジカメラを設置しており、入出港時や航海中の映像を船内テレビで見ることができる。

物流面ではモーダルシフトやドライバー不足の受け皿として、トラック輸送能力を16%増強した。

【主要目】総トン数1万3500トン、全長192m、全幅27m、喫水6.8m、航海速力23ノット、
主機関8830kw×2基、旅客定員709人、大型トラック121台(13m換算)、乗用車140台

画像は左からエントランス、レストラン、スイートルームの完成イメージ。







ページTOPへ