乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

バイキング・オーシャン、4船目の命名式を上海で開催
外国客船
2018/03/12
バイキング・オーシャン・クルーズは8日、同社4隻目となる新造船「バイキング・サン」(4万7800トン)の命名式を上海で開催した。同船のデビューは昨年10月だが、今回マイアミからロンドンへの141日間のワールド・クルーズ途上で改めて命名式を実施した。同社の客船が中国に寄港するのは今回が初めて。

命名式は上海都心となる外灘エリアのクルーズターミナルで実施。巨大なスクリーンにアニメーションを投影し、ノルウェーと中国との友好をテーマにしたショーを行った。ゴッドマザーは招商銀行ファイナンシャルリース上級副社長のイー・ロウ氏が務め、リボンをカットするとノルウェー・アクアヴィット(北欧のジャガイモの蒸留酒)のボトルが船体にぶつけられた。

バイキングのトースタイン・ハーゲン社長は「我々の最新船の命名式を上海で行えてうれしい。我々は2004年から中国のリバークルーズに多くの乗客を送っており、この国の旅行産業と深いつながりがある。上海は来年、我々の5隻目の新造船バイキング・オリオンも迎えることになる。上海と中国全土の豊かな文化資源を、たくさんの旅行者に紹介できることを楽しみにしている」とコメントした。


命名式の様子は、同社のビデオギャラリーで見ることができる。
https://www.vikingcruises.com/oceans/video/ships/play.html?videoId=uB__1O5LPx0







ページTOPへ