乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

「セブンシーズ スプレンダー」、客室などの詳細発表
外国客船
2018/04/06
リージェント セブンシーズクルーズは、2020年就航予定の「セブンシーズ スプレンダー」(5万5254トン)のパブリックスペースとスイート客室の詳細を発表した。姉妹船「セブンシーズ エクスプローラー」のスタイルを踏襲しながらも、第4・5デッキのメイン・ダイニング「コンパローズ」のエントランスにアトリウムの大階段を設置、左舷側に設けるカフェ「コーヒーコネクション」はテラス席を拡張するなど一部変更を加えた。同じく左舷側にアジア料理レストラン「パシフィックリム」を搭載する。

スイート客室は全375室で、ベランダスイート(29平方メートル)からリージェントスイート(413平方メートル)。すべての客室にプライベートバルコニーを備え、上質なリネンを使用したキングサイズのベッド、大理石や装飾タイルを配したバスルームを設置する。

スイートは大きく3つのカテゴリーに分かれ、そのうちディスティンクティブ・スイート・カテゴリーはリージェント、マスター、グランド、スプレンダー、セブンシーズ、ペントハウスの計88室。専属バトラーがつくなどワンランク上のサービスを提供する。同カテゴリーとコンシェルジュ・スイート・カテゴリーにはホテル前泊パッケージ、寄港地ツアーとスペシャリティー・レストランの優先予約がつく。同船の予約受け付け開始は2018年4月11日から。客室の詳細は下記の通り。

■ディスティンクティブ・スイート・カテゴリー(88室)
・リージェントスイート
広さ413平方メートルで、バルコニーは132平方メートル。最上階で船首を見降ろせる場所に位置する。ゴールドがアクセントのバスルームやスチームとサウナを備えたプライベートスパなどを設ける。バトラーがつき、すべての寄港地ではパーソナルガイドと共に専用車で観光できる。

・マスタースイート
広さは176〜196平方メートルで、バルコニーは最大92平方メートル、第8・9デッキの最後方に位置する。内装は木の温もりに濃い紫色がアクセントを添えるデザインで、バーや大理石のバスルームなどを備える。

・グランドスイート
広さは118〜170平方メートル。内装はエメラルドを基調とし、グレー、ブラウン、クリームの色合いが見事に調和したデザイン。ストーンモザイクのリビングエリア、ディナーにも対応できるダイニングテーブル、クローゼット、2カ所のバスルームなどを備える。

・スプレンダースイート
広さは76〜85平方メートル。内装はクリーム、グレー、ブラウンの落ち着いた色合いのデザインが特徴。ワンベッドルームで、2カ所のバスルームを設置。ディナーにも対応できるダイニングテーブル、クローゼット、大理石のバスルームなどを備える。

・セブンシーズスイート
広さは74平方メートル。落ち着いた色合いのアパートメントタイプの客室。大理石のバスルームやウオークインクローゼットなどを備える。

・ペントハウススイート
広さは最大59平方メートル。内装は床から天井までサファイアをイメージ。リビングルームからもベッドルームからもバルコニーに出られる。

■コンシェルジュ・スイート・カテゴリー(140室)
落ち着いた色合いが特徴で、オーシャンビューを楽しめるような設計となっている。

■スーペリアスイート&ベランダスイート
43平方メートルのスーペリアスイート、33平方メートルのデラックスベランダスイート、29平方メートルのベランダスイートのいずれも内装は温かみのあるアイランドリゾート風のデザイン。リビングとベッドルームはカーテンで仕切られる。

写真左:アトリウム
写真中央:カフェ「コーヒーコネクション」
写真右:リージェントスイート客室







ページTOPへ