乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

酒田港、「ダイヤモンド・プリンセス」が初入港
港
2018/07/02
プリンセス・クルーズの「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5875トン)が1日、山形県の酒田港に初入港した。同港に外国客船が入港するのは、2017年8月に初入港した「コスタ ネオロマンチカ」(5万6769トン)以来2回目。「初夏の宮崎・日本海クルーズと韓国9日間」で、横浜、油津、釜山、境港、金沢をめぐるクルーズによるもの。乗客は約2,800人で、約8割が欧米などの外国人。日本人は約700人乗船した。

入港時は多くの市民や山形県・酒田市のマスコットキャラクターらが岸壁で出迎えた。入港セレモニーでは酒田吹奏楽団による演奏などが披露された。ふ頭では日本酒の試飲ブースや伝統工芸品の物品販売などを実施し、乗客のみならず大勢の人でにぎわいを見せた。乗客はオプショナルツアーや中町地区までのシャトルバスを利用して、酒田市内や庄内などの観光を楽しんだ。

入港に合わせ、“プロスパーポートさかた”ポートセールス協議会は船内で歓迎式典を開催。記念品や花束の贈呈などを実施した。吉村美栄子山形県知事が「山形の酒田港にダイヤモンド・プリンセスが初寄港したことを大変うれしく思う」とあいさつし、山形の観光地や食などについて紹介した。式典後、メディアなどに向けて船内見学会を実施した。

同船は同日16時に横浜に向けて出港。出港時も花笠の演舞やバルーンを飛ばすなど盛大に見送った。同船は17日にも酒田港に入港する予定。

写真左:酒田の伝統的シンボル「大獅子」が出迎える
写真中央:出港時の花笠演舞
写真右:歓迎式典の様子







ページTOPへ