乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

オレンジ新造船「おれんじ えひめ」、関係者向け披露
フェリー
2018/08/02
四国開発フェリー(愛称:オレンジフェリー)の新造船「おれんじ えひめ」(約1万5,000総トン)の船内見学会が7月28日、東予港(愛媛県)で行われた。同港中央地区で整備中の複合一貫輸送ターミナルの耐震強化岸壁の供用式典後、参加した関係者向けに行った。 同社は、東予港/大阪南港間でフェリー2隻を運航している。代替建造で大型化を計画。建造は今治造船グループのあいえす造船(今治市)。第1船となる同船の就航は8月25日。車両甲板など最終整備を残すものの、キャビン、パブリックスペースなど船内施設はほぼ完成しているため、式典後に関係者向けに披露された。新造船の特長は、全て個室として大部屋を設けていないこと。ロイヤルとスイートは2人用で、デラックスシングル(1人用)、シングル(1〜2人用)、ペットと宿泊できるウィズペットルームもある。同船は見学会後、あいえす造船向け出港した。なお一般向け見学会は8月25日、東予港で行われる。見学時間は午後1時〜3時。費用は無料で、事前予約は必要ない。当日ターミナルで受付して見学できる。第2船は11月下旬〜12月初旬に就航予定。

写真左=東予港の新岸壁に接岸した「おれんじ えひめ」
写真中=エントランスは3層吹き抜け
写真右=壁に飾られた大きな絵「フライングガーデン」(福島万里子作、縦1.45m×横6.9m)







ページTOPへ