乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

博多港、上海港と連携強化 博多発着トライアル実施
港
2018/08/02
福岡市港湾空港局は1日、博多港と上海港間の定期定点クルーズの実現に向けた、新たなクルーズ旅行トライアルを9月以降、計7回実施すると発表した。既存の上海発着クルーズの一部客室を活用して、片道クルーズ(片道航空機利用)を含む数パターンの博多発着クルーズ旅行を実施するもの。福岡市は、「来年以降も取り組みを拡大し、多様なクルーズの誘致に取り組む」としている。

今回のトライアルでは3パターンの博多発着商品を提供する。Aパターンは往路航空機、上海に1泊し、復路でクルーズに乗船する3泊4日、Bパターンは往復クルーズの4泊5日、Cパターンは往路クルーズ、上海1泊、復路航空機の3泊4日と設定した。

利用する客船はMSCクルーズの「MSCスプレンティダ」(13万7936トン)と、ノルウェージャンクルーズラインの「ノルウェージャン ジョイ」(16万7725トン)を利用する。それぞれの販売パターンなど概要と問い合わせ先は下記のとおり。

福岡市と上海港のクルーズターミナルを運営する上海呉淞口国際郵輪港発展は今年1月、両港の連携について覚書を締結しており、今回のトライアルもその一環。覚書では、@両港を発着港とする定期定点クルーズ航路の実現、A両港による寄港地観光の充実に向けたクルーズ船社への共同提案、B両港における岸壁予約の円滑化に向けた予約システム間の情報交換――などを進める方針を確認していた。定期定点クルーズの実施により、福岡側はアウトバウンド、上海側はインバウンドの誘致を進めていきたい考えだ。

■MSCスプレンディダ
日程:2018 年9月19日(水)〜23日(日・祝) Bパターン
定員:約40人(1旅行あたり)
価格帯:約40万円(ヨットクラブ/2名1室利用の1人分)
催行:阪急交通社
商品紹介ページ
http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_i.php?p_hei=60&p_baitai=8638&p_course_id=PF391C

■ノルウェージャン ジョイ
日程:2018年9月23日(日・祝)〜26日(水) Aパターン
9月26日(水)〜30日(日) Bパターン
9月30日(日)〜10月3日(水) Cパターン
12月8日(土)〜11日(火) Aパターン
12月11日(火)〜15日(土) Bパターン
12月15日(土)〜17日(月) Cパターン
定員:約40人(1旅行あたり)
価格帯:約8万円〜約16万円(バルコニー/2名1室利用の1人分)※変更となる場合あり
催行:Oriental
商品紹介ページ
http://www.oriental-world.com/tp1/







ページTOPへ