乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

ヴァーゴ、ドリームに移籍「エクスプローラー ドリーム」に
外国客船
2018/09/12
ゲンティンクルーズラインは、グループ傘下のスタークルーズで運航している「スーパースター ヴァーゴ」を2019年4月からドリームクルーズで運航し、船名を「エクスプローラー ドリーム」に変更すると発表した。11日、都内で開催されたゲンティンクルーズライン主催のイベント「エクスパンディング・ザ・ワールド」内で発表した。同船は2019年3月に約3,000万ドルをかけ改装、バトラーサービスを付けたパレススイート50室も新設する。

ドリームクルーズは現在、「ゲンティン ドリーム」、「ワールド ドリーム」を運航。もう1隻追加することで、アジアのグローバルクルーズラインとして同社を成長させていく構想を一層加速させ、グローバル展開に向けて「ブランド強化と成長を目指す」としている。

同船は2019年の夏季は上海と天津を母港に、日本やロシア、香港、フィリピンのクルーズを実施する。冬季からは初めてアジアの海域を越えて、シドニーとオークランドを母港にアジアの客層向けのクルーズを提供する。このクルーズは、オーストラリアとニュージーランドの寄港地を7泊8日でめぐり、21航海実施する。通常、オセアニアにおけるアジアの旅行者の日程は9日から14日といわれており、クルーズでも11泊以上が多い中で、短期間で主要な寄港地を訪れることができるアイテナリーとなる。コース詳細は以下のとおり。

■シドニー発着オーストラリアクルーズ/2019年10月27日〜(7泊8日)6航海
シドニー〜ニューカッスル〜グラッドストン〜サンシャインコースト〜ブリスベン〜シドニー

■シドニー発着タスマニアクルーズ/2020年2月9日〜(7泊8日)8航海
シドニー〜ポートアーサー〜ホバート〜メルボルン〜バーニー〜シドニー

■ニュージーランドクルーズ/2019年12月15日〜(7泊8日)7航海
シドニー〜ミルフォードサウンド(またはダウトフルサウンド)〜ダニーデン〜ウエリントン〜ギズボーン〜オークランド

※出発日により寄港順入れ替えあり

写真:ゲンティンクルーズライン日本オフィスの山本有助代表(右から2人目)







ページTOPへ