乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • クルーズ最新号のご案内
HOME > クルーズをもっと楽しむプチ技! > 少額のドルかユーロを常に携帯しよう
CRUISE最新号

クルーズをもっと楽しむプチ技

知っていると、クルーズがもっと楽しくなる方法や ちょっと得するアイデアをアトランダムに紹介します。 この「プチ技」でクルーズはもっと有意義になるかもしれません!

#12
少額のドルかユーロを
常に携帯しよう

チップが不要な国でも、チップに慣れたアメリカ人は寄港地ツアーの最後にガイドさんにチップを渡すことがあり、少し戸惑うかもしれません。

これはガイドさんの仕事ぶりに対しての評価や感謝なので、個人の判断で構いません。ただ、渡したいのに現金を持っていないのが一番残念なパターン。常に少額の紙幣を携帯しておくと便利です。通貨が違ってもドルやユーロであれば観光業に就いている人はあまり気にしません。また観光地や船に戻る前にちょっとしたものや水などを買いたい時も、ドルやユーロならどちらでも使えることが多いので常に少額紙幣を10枚くらいは手にしておきましょう。

船上で唯一、チップを渡すのは、ルームサービスを運んでくれた場合のクルー(カジュアル客船、プレミアム客船)。オーダーしたものをテーブルなどに置くとドアに向かうので、「サンキュー」と、クルーの目を見て1〜2ドルをスマートに手渡しましょう。


#12 少額のドルかユーロを常に携帯しよう

(文=クルーズ・ジャーナリスト藤原暢子 イラスト=小田切ヒサヒト)

ページTOPへ