乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • クルーズ最新号のご案内
HOME > クルーズQ&A > 食事は毎日フルコースって本当?
CRUISE最新号

クルーズQ&A

質問:クルーズではどんなところに行ける?

クルーズの良さの一つに、「食事代も込み。フルコースをはじめ、朝から夜まで一日に何度も食事ができる」というのがあります。紛れもない事実ですが、自分の体調や好みに合わせて上手に食べましょう。

自分が食べたいように食べられます

平均的な客船の食事のシステムについて紹介しましょう。まず、メインダイニングと呼ばれる大きなレストランがあり、朝、昼、夜とその日のコースメニューの中から好きなものを選んで食べることができます。基本的に、朝と昼は自由席、夜は食事の時間と席がほぼ決まっています。
そして、たいていの客船には、ビュッフェ式のレストランもあります。ここは朝と昼などに、ずらりと並んだ料理を自分で気ままに取って食べることができます。時間帯は決まっていますが、席は自由です。

また、プールサイド近くなどに、ハンバーガーやピザ、スイーツなどの軽食が食べられるグリルやカフェを併設している客船も多く、これらは比較的長時間オープンしています。

メインダイニングやビュッフェの時間帯以外にも、「早起きさん向けの朝食」、「アフタヌーン・ティー」、「夜食」などがほぼ毎日あります。そのため、「この客船では、一日6食食べられます」などと言われるのです。これらの場所で食べる料理は、基本的には無料です(アルコールなどは有料になります)。


ルームサービスがお得なのもクルーズの特徴。客室のバルコニーで優雅な朝食!
進化し、増え続ける船内レストラン

本来ならば、上記だけでも十分すぎる食事や回数ですが、最近の客船はそれ以外の特徴を持った「サブレストラン」を増やすのがトレンドになってきています。

日本船なら寿司バー(飛鳥II、にっぽん丸)、外国船ならステーキハウスや有名シェフが監修するレストランなど、実費または20〜30ドルほどの席料で、ワンランク上の料理を楽しむことができるのです。

近年のサブレストランでは、ワインの品揃えを増やしたり、内装に凝ったり、独創的な料理を出したりと、どんどんエスカレートして、今や10カ所以上のレストランを擁した最新の大型外国船もあります。鉄板焼きやスシバーなどもあるので、日本人にはありがたい限りですが、あまりにもレストランの数が多いため、「クルーズ中に全部のレストランに行けなくて残念!」という現象が起こったりもしています。

いずれにしても、時には気分を変えてサブレストランで食事をするのもよいものです。興味のあるレストランがあれば、早めに予約を入れるようにしましょう。

そのほか、スイートなどの上級客室やスパ専用客室の乗客のみが利用できる特別専用レストランがある船も増えています。



大事なのは、自分のペースで食事を楽しむこと

「食べるのが大好き!」と、船上での“食べ放題”を大きな目的として、クルーズに乗る人も少なくはありません。ただ、日本人の場合はメインダイニングのコースを普通に頼んでも量が多めで苦労することもあります。海外クルーズや長期クルーズであれば、胃も疲れてくるので、フルコースでなく、「スープとメインの魚だけ」など、他のものを“間引く”のも有効です。

そして、おすすめはルームサービス。多くの船がかなりお手ごろな料金(または無料)で提供しているので、時差や寄港地ツアーで疲れたときに、軽いものを自分の客室で食べられるのも、 クルーズの良いところです。

有料ですが、自分の客室のバルコニーでシャンパンと食事を食べられるおしゃれなサービスがある船も……。自分が乗る船にはどんなレストランやサービスがあるのか、前もって調べてみてはいかがでしょう。。



(クルーズ・ジャーナリスト:藤原暢子)



ページTOPへ