乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > クルーズQ&A > クルーズでの服装が不安です
CRUISE最新号

クルーズQ&A

質問クルーズでの服装が不安です

勢いでクルーズ参加を決めた方がふとわれに返って心配になるのが 「服装」のこと。大丈夫です、誰でも不安になるものです。 不安を楽しみに変えてしまいましょう。


多くのクルーズでは日によって服装指定(=ドレスコード)があります。約1週間のクルーズだと、パンフレットに「今回のクルーズのドレスコードは、フォーマル1回、インフォーマル2回、カジュアル4回です」のような記載がごく当然のようにあってドッキリします。

ドレスコードはクルーズを堅苦しくするために設定されているわけではありません。「船内で過ごす夜の時間を、時にはドレスアップして皆で楽しみましょう」という意図で設けられているのです。

ドレスコードには「カジュアル」「インフォーマル」「フォーマル」の3つがあります。もちろん、毎日が正装というわけではありません。乗船した初日や長い寄港地ツアーがあった日、下船前夜はほとんどが「カジュアル」な服装でOKです。どこにも寄港しない航海日はドレスアップする余裕もあるので、「フォーマル」になることが多くあります。






ドレスコードの目安はどんな服装?

3つのドレスコードの区別が分かりにくい方は、次のような目安を参考にしてください。「カジュアル」=普段着。ただ、スーパーに買い物に行くよりきれいに。女性ならブラウスとスカート、男性なら綿のシャツとパンツなど。「インフォーマル」=軽いドレスアップ。おしゃれなフレンチ・レストランのランチ、もしくはホテルでの同窓会などに着ていく服。女性はドレッシーなワンピースやパンツスーツ、男性はジャケットにネクタイなど。「フォーマル」=正装。身内の結婚式に着るような服装。女性は足首までの長さのドレス、着物なら訪問着、男性はタキシードもしくはダークスーツ……といった感じです。




船によってドレスアップ度が違います

この目安はあくまでも平均的なもの。ファミリータイプの大型カジュアル客船ならもっと全体的にカジュアルで、「フォーマル」の日でもジャケットだけあれば大丈夫です。逆にラグジュアリー客船や日本の客船の場合はこの平均を守ったほうがベター。周囲の人よりカジュアルで居心地の悪い思いをするより、きちんとドレスアップしたほうが快適なのです。

「聞けば聞くほど、クルーズでの服装を考えるのが面倒になった」という方もご安心を。客船会社の中には、ドレスコードがほとんどなく、リゾートなどで着るラフな格好(リゾート・カジュアルと呼びます)で毎晩過ごせる船もあります。具体的にはノルウェージャンクルーズラインやスタークルーズ、オーシャニア・クルーズ、アザマラ・クラブ・クルーズなどが該当します。




攻めるか、避けるかはあなた次第!

ドレスコードはついついルールを気にしがちですが、タンスに眠っている「ちょっともう派手かな?」と思っていたドレスに再び袖を通すチャンスでもあります。これから何度か客船に乗るつもりがある男性ならば、タキシードは揃えてしまうと楽です。

それでも、フォーマルな服装に気が進まないという方は、フォーマルの日はルームサービスで夕食を取って、客室でのんびり海を見ながら過ごすというのも手です。

いずれにしてもドレスコードは自分が楽しむもの。その日の気分や体調に合わせて調節しましょう。



(クルーズ・ジャーナリスト:藤原暢子)



ページTOPへ