乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • クルーズ最新号のご案内
HOME > クルーズQ&A > クルーズでのチップはどう払う?
CRUISE最新号

クルーズQ&A

質問クルーズでのチップはどう払う?

行きたいクルーズに申し込もうとするとき、悩ましいのが客室選び。窓なし客室から始まって、バルコニー付き、スイートルームまであり、料金もかなり違います。決めるポイントは何なのでしょうか。

クルーズを決めた次に頭を抱えるのが客室選びかもしれません。大きく分けると、窓がない内側客室(インサイド)、外側の窓付き(アウトサイド)、バルコニー付きなどがあり、さらに上にはいくつかのタイプのスイートがあります。

客室タイプによって料金もだいぶ変わってくるので、しっかりと吟味したいものです。

カリブなら内側もOK! 
初クルーズならバルコニー付きを

選択のポイントは、乗る客船の大きさと、クルーズエリア、そして「予算」です。

たとえば、15万トンを超える超大型船で行くカリブ海クルーズなら、寄港地では毎日マリンスポーツ三昧、船内でも充実した施設やイベントに参加することになるので、「客室に帰ってくるのは眠るときだけ」という人が続出。そんな時は内側客室で十分です。

一方、航行する周辺の景色を眺めるのが楽しいアラスカや地中海なら、自分の客室に窓やバルコニーがあると最高です。

アラスカなら望遠鏡片手に動物を探したり、美しいフィヨルドを満足いくまで眺めましょう。地中海は、交易の手段が船だった当時の面影を残す港町へ、自分の船がゆっくりと入港する様子を、客室に居ながら見られるのはロマンチックで感動的!

最近はバルコニー付きの客船が増え、料金もかなりお手ごろになってきました。初クルーズで、金額的な負担があまりなければ、バルコニー付きはおすすめです。パジャマのまますてきな景色を眺めたり、風に吹かれながら自分だけの空間で潮風を感じつつ、ルームサービスの朝食をいただけるのはクルーズの醍醐味です。

スイートルームもバトラー(執事)サービスがついたり、各種の優先サービスが受けられるので、予算に余裕があればワンランク上のクルーズを経験できます。

窓やバルコニー以外に、日本人の多くが気にするのが「バスタブ付き」かどうか。大型のカジュアル客船にはシャワーしか付いてない場合が多いので、「バスタブがないとイヤ!」という方は、ここをしっかり確認しておきましょう。



お金があっても 下層の客室を選ぶ理由とは!?

基本的に、上層階ほど、客室タイプも上級になり、クルーズ代金も高くなります。クルーズが終わって下船するとき、上のフロアの乗客から順番に下りるのはこのためです。しかし、お金があっても下層階の客室をリクエストする方も多くいます。

理由はいくつかありますが、一つは、より下の階、さらに船中央部分のほうが揺れにくいので船酔いしにくいこと、そしてダイニングやパブリックルームに近いので、移動が楽というのもあります。また、「海を近くに感じられるから」とわざわざ下の階を選ぶ方もいます。

クルーズファンの中には、「代金が安い客室でいいので、その分何度もクルーズに参加したい」という人も多いのです。客室選びの基準は実に人それぞれなのですね。

「家族で行くから、安めの窓側」、「エーゲ海の島々を見たいのでバルコニー付き客室」「記念日なので、奮発してスイート」など、状況に合わせて決めてみましょう。

  一度クルーズに参加して、好きな客室タイプや使い勝手がわかってくれば、あとは、自分のお財布と相談して、いろいろなタイプの客室に挑戦してみてもいいですね。




(クルーズ・ジャーナリスト:藤原暢子)



ページTOPへ