乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

「福岡クルーズ会議」開催、アジアのキーパーソンが議論
港
2015/11/30
福岡市は11月30日、「福岡クルーズ会議」を福岡市で開催した。後援はクルーズ船社国際協会(CLIA)北アジア、国土交通省、観光庁、全国クルーズ活性化会議、九州クルーズ振興協議会。昨年に続き、2回目の開催となる。船社、船舶代理店、港湾関係者など約300人が参加した。

会冒頭では島宗一郎福岡市長があいさつとプレゼンテーションを行い「前回を超える人数に参加いただき、クルーズへの注目の高さを感じる。クルーズで日本に来た外国人観光客にまた来たいと思ってもらえるようなおもてなしの体制を、ソフト面、ハード面ともに整えていく必要がある」とし、クルーズ人口が8年間で3倍に増えたアジアクルーズ市場の現状と、超大型船への対応、寄港地観ツアーの開発など港の受け入れ体制の課題を説明。博多港のアジア海域における地の利、交通アクセスなど利便性をアピールした。

基調講演にはCLIA北アジア会長/ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(RCI)中国・北アジア・太平洋地区社長のジナン・リウ氏が登壇。アジアクルーズ市場の展望について語った。RCIはアジア展開に積極的で、2015年は同船の最新船を中国配船した。特別講演は木島榮子カーニバル・ジャパン特別顧問が日本のクルーズ市場拡大をテーマに講演。同社が販売を手掛けるプリンセス・クルーズは2013年から大規模な日本発着クルーズを実施している。

パネルディスカッションにはRCIからジナン・リウ氏とジアンフェン・トン副支社長、プリンセス・クルーズ・アンド・カーニバルのトレイ・ヒッキー副社長、来年から日本海周遊クルーズを開始するコスタ・クルーズのティム・ワン運営シニアマネージャーと糸川雄介日本支社長、中国系船社の上海スカイシー・クルーズ・トラベルのエルナン・ジーニCOOら、アジアと日本のクルーズ市場開拓を担う船社の担当者が参加。中国旅行と中国人観光客のインバウンドを手掛けるシーアイティーエス・ジャパン福岡支店の趙巍支店長、宮崎・日南市の崎田恭平市長、中島淳一郎福岡市港湾局長を交え、アジアと日本のクルーズ市場、寄港地観光などについて議論した。

写真左:島福岡市長(右から4人目)ほか登壇者
写真右:セミナー会場の様子







ページTOPへ