乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

カーニバル、フィンカンティエリと新造船2隻の覚書締結
外国客船
2017/01/24
カーニバル・コーポレーションは19日、イタリアのフィンカンティエリ造船と新造船2隻の建造契約について覚書を交わした。ホーランド・アメリカ・ライン向けとプリンセス・クルーズ向け。カーニバル・コーポレーションは2017年から2022年の間に19隻の新造船の就航を予定している。

ホーランド・アメリカ・ライン向けの新造船は「ピナクル・クラス」の第3船で、2021年引き渡し予定。9万9500トン、乗客人数3600人。同クラス第1船の「コーニングスダム」と、その姉妹船で2018年11月に引き渡し予定の「ニュースタテンダム」の同型船。

プリンセス・クルーズ向けの新造船は「ロイヤル・クラス」の第6船で、2022年引き渡し予定。14万5000トン、乗客人数3660人。同クラスの「ロイヤル・プリンセス」「リーガル・プリンセス」、2017年3月に引き渡し予定の「マジェスティック・プリンセス」のデザインを継承する。イタリアのフィンカンティエリ造船では、同クラス第4船、第5船建造中で、2019年から2020年の引き渡しを予定している。

カーニバル・コーポレーションのアーノルド・ドナルド最高経営責任者(CEO)は、「わが社の目標は、ともに航海する1150万人のゲストの期待をさらに上回ることだ。この艦隊増強計画により、大きくて新しい、効率のよい客船と交換していくことは、われわれの成長的戦略の重要な部分だ」とコメントしている。







ページTOPへ