乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

JTB、2020五輪時にサン・プリンセスで横浜ホテルシップ
港
2018/06/25
JTBは東京2020オリンピック競技大会中にプリンセス・クルーズの「サン・プリンセス」(7万7441トン)をチャーターし、横浜港・山下ふ頭でホテルシップを実施する。25日、横浜港の「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5875トン)船上で会見を行い発表した。

JTBがサン・プリンセスをチャーターするのは、五輪開会式前日の2020年7月23日から閉会式翌日の8月9日の間。2泊3日を1パッケージとした計9回のパッケージを販売する。代金(1室2人利用の場合の1人分)は2泊7万円台(内側)〜60万円台(スイート)で、1人1泊あたり3万円台〜30万円台。料金には通常のクルーズ同様食事代、船内エンターテインメント、プールなど施設利用料が含まれる。停泊中のカジノ利用とショッピング免税は適用除外となる。これらは現在の予定で、詳細は後日発表するという。2019年春以降発売開始予定。

ホテルシップは、大会開催時の宿泊需要対応の方策として政府が活用を推進するもの。昨年、内閣官房下に「クルーズ船のホテルとしての活用に関する分科会」が設置され、窓のない客室を認めない旅館業法の規制特例など検討が重ねられてきた。5月16日に厚生労働省から「2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けた通知」が発出され、窓のない客室を含む「サン・プリンセス」も旅館業法下での旅行商品として販売できることとなった。

JTBはホテルシップをオリンピック観戦券付き旅行商品として販売することを想定。ホテルシップを旅行商品として一般向けに発売するのは初の試みとなるという。国内で販売し、日本人の利用を主に見込んでいる。同社は2019年春にサン・プリンセスをチャーターし世界一周クルーズを実施予定で、そこでの知見もホテルシップ実施に役立てると説明した。

JTBの橋広行社長は、「サン・プリンセスは客室数1011室、1泊あたり2022名が宿泊可能。ホテルシップは、かねてより懸念されていたオリンピック期間中の宿泊施設不足の解消に役立つもの。横浜市と連携して、山下ふ頭周辺を乗客だけでなく地元市民や観光客の方にもオリンピックの雰囲気や熱気を楽しんでもらえる場所にしたい」と意気込みを述べた。

来賓の林文子横浜市長は「数ある港から横浜港を選んでいただき光栄。JTB、プリンセス・クルーズに心より感謝申し上げる。五輪では横浜国際総合競技場(日産スタジアム)がサッカーなどの会場に決まっており、非常に多くの人が横浜を訪れる予定だ。ホテルシップを実施する山下ふ頭では、ハーバーリゾートの形成に向けて再開発を進めている。大さん橋に加え新港ふ頭、大黒ふ頭でも新たな施設の整備が進んでおり、万全の体制でお迎えする」とあいさつ。

同じく来賓の菊地身智雄・国土交通省港湾局長は「五輪開催時はホテル需要が逼迫すると予想されている。内閣官房に検討会を設けて国土交通省が事務局となり、行政機関、関係団体の参画を得て、クルーズ船をホテルとして使うための方策について検討を進めてきた。この度JTBが事業主体となりホテルシップの実施を決定いただいたことは、政府としてもたいへんうれしい大きな出来事だ。サン・プリンセスは2013年に外国船社の中で先駆けて大型クルーズ船によるわが国発着クルーズを横浜港でスタートした船。近年の我が国のクルーズ活性化を象徴するような決定と感じている」と喜びを語った。

写真1点目:会見のようす。左から菊地港湾局長、橋社長、林市長
写真2点目:左からJTB法人事業本部・鈴木章敬事業推進担当部長、皆見薫JTB常務取締役・法人事業本部長、高橋社長、林市長、菊地港湾局長、プリンセス・クルーズアジア太平洋地区コマーシャル・オペレーション担当シニア・ヴァイス・プレジデント、スチュアート・アリソン氏
写真3点目:横浜港のサン・プリンセス(2013年撮影)







ページTOPへ