乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

カーニバルの中国合弁船社、コスタから2隻買船し来年末航海開始
業界
2018/11/07
カーニバル・コーポレーションと中国船舶工業集団(CSSC)の合弁による中国市場向けクルーズ船社がこのたびに正式に発足、社名を「CSSCカーニバル・クルーズ・シッピング・リミテッド」とした。同社はカーニバル傘下コスタクルーズの「コスタ・アトランチカ」(8万5619トン)を買船、2019年末から営業航海を始めると発表。同型船の「コスタ・メディタラニア」(同)も購入予定で、時期は後日発表する。

同社は中国市場向け新造船2隻の建造計画を公表しているが、このたび計画が最終合意に達し、第1船を2023年に就航させることを併せて発表した。CSSC傘下の中国造船最大手である上海外高橋造船(SWS)が建造する。合意にはさらにオプション4隻を含む。CSSCはイタリアのフィンカンティエリ造船とも合弁事業を設立、SWSへの技術提供などを受ける。フィンカンティエリの発表によると、プロジェクトの総額は約15億ドル(オプション4隻を含まず)。







ページTOPへ