乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

オアシス・オブ・ザ・シーズ、2020年シーズンは初めてNYに就航
外国客船
2018/12/27
ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(RCI)は、「オアシス・オブ・ザ・シーズ」(22万5282トン)を2020年シーズンにニューヨークに配船する。ニューヨーク郊外のケープ・リバティー港を拠点に、バハマやニューイングランドを訪ねる。世界最大「オアシスクラス」の客船が同港を拠点にするのは初めて。2020年シーズンのオアシスクラスはそのほか、「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」と「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」がカリブ海、「アリュール・オブ・ザ・シーズ」は地中海に就航する。

RCIは現在、計10億ドルを投じる大改装プロジェクト「ロイヤル・アンプリファイド」を進行中で、オアシスも2019年に改装予定。改装するのは、オアシス(2019年)、アリュール(2020年)、フリーダム(2020年)、リバティー(2021年)、インディペンデント(2018年改装済)、ボイジャー(2019年)、エクスプローラー(2020年)、アドベンチャー(2021年)、ナビゲーター(2019年)、マリナー(2018年改装済)の10隻。※()は改装年。末尾の「・オブ・ザ・シーズ」略。







ページTOPへ