乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

プリンセス、フィンカンティエリで建造中の3隻のセレモニー
外国客船
2019/02/28
プリンセス・クルーズは、フィンカンティエリ造船モンファルコーネ造船所(イタリア)で建造している「ロイヤル・クラス」客船3隻についてのセレモニーを同時に開催した。2019年10月にデビューする「スカイ・プリンセス」(14万3700トン)の進水を祝う「マドリーナ」(立会人)の発表、2020年6月就航の「エンチャンテッド・プリンセス」(同)の起工式、2022年デビューのロイヤル・クラス6隻目(船名未発表)のスチールカット・セレモニーを実施した。

スカイ・プリンセスのマドリーナを務めたのは同社クルーのケリー・アン・ライト二等航海士。同僚クルーの推薦により選ばれた。同社は今回の3隻のほか、2023年と2025年にも1隻ずつ新造船の就航を予定している。

プリンセス・クルーズおよびカーニバル・オーストラリアのグループ・プレジデントのジャン・スワーツ氏は、「2025年までに新たに5隻の新造船がフリートに加わる予定だ。現在建造中の3隻の節目を同日に祝えることだけでなく、最先端のテクノロジーを駆使し、革新を続ける施設や設備、より充実したサービスをお客さまに提供できることをたいへん嬉しく思う」と述べている。

写真は右からスワーツ社長、ライト二等航海士。







ページTOPへ