乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

MSCクルーズジャパン、新オフィスオープニングイベント開催
業界
2019/04/12
MSCクルーズジャパンは11日、3月に移転した新オフィスのオープニングイベントをメディアや旅行会社向けに実施した。新オフィスの設計はイタリア人の建築家、マッテオ・ベルフィオーレ氏により、地中海をコンセプトにデザインされた。

冒頭、ジョルジョ・スタラーチェ在日イタリア大使があいさつし、「日本においてMSCクルーズの重要性が増しており、イタリアの雰囲気を日本の市場に持ってきてくれていることにとても感謝している。2月1日に日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が施行されたのに伴い、日本とヨーロッパ諸国とのビジネスもさらに成長を遂げていくだろう。今後もMSCクルーズとのパートナーシップを強めていきたい」と述べた。

MSCクルーズジャパンのオリビエロ・モレリ社長はMSCクルーズの特徴や今後の展開などについてふれ、「2023年〜2026年に乗客数1,000人規模のラグジュアリークラス客船を4隻就航させ、27年までにわれわれの船隊を全17隻に増やす」と紹介。「MSCクルーズ・ジャパンは昨年10周年を迎え、その10年間で今回が3つ目のオフィスとなる。当初スタートしたころはスタッフの数も少なかったが、今日このようなイベントを開催でき大変うれしく思う」と新オフィスへの思いを述べた。

MSCクルーズのアキーレ・スタイアーノ・バイス・プレジデント・グローバルセールスが来日し、「わが社はとてもユニークであり、著しく成長している。アジアの中でも日本市場はとても重要視しており、積極的に投資もしている。今回はわれわれのスタッフにとってもよりよい職場を提供できるようにとオフィスを新設した」と語った。

写真左:モレリ社長
写真中央:テープカットの様子、左からモレリ社長、スタラーチェ大使、スタイアーノ・バイス・プレジデント・グローバルセールス
写真右:イベントの様子







ページTOPへ