乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > ニュース一覧 > ニュース
バナー広告

ニュース

「クルーズせとうち」セミナー開催、6港の魅力を発信
業界
2019/12/17
神戸、宇野、高松、広島、北九州、別府の6港からなる「クルーズせとうち」は16日、都内でセミナーを開催した。各港関係者が出席し、船社、旅行会社、メディア関係者などに向けて、瀬戸内クルーズの魅力について紹介した。今回で4回目の開催となる。

セミナー冒頭、岡山県土木部港湾課の安原由純参事は、「米紙『ニューヨーク・タイムズ』が発表した“2019年世界で行くべきところ”に瀬戸内の島々が7位にランクインした。今年は3年に一度の瀬戸内国際芸術祭の開催とともに、瀬戸内エリアを航行する専用劇場船STU48号の就航もあり、瀬戸内沿岸の機運が高まっている」とあいさつした。

クルーズせとうちの6港は、それぞれ体験型ツアーを紹介。市場でのせり体験やサイクリング、瀬戸大橋を上って景色を楽しむツアーなど、他にはない魅力が詰まったツアーを提案した。

続いて、ウィルヘルムセン・シップス・サービスの鈴木宇夢シップスエージェンシーマネージャーが船舶総代理店の役割について講演。JTBグローバルマーケティング&トラベルの藤田宗則クルーズ課長がオペレーターの役割と新しいコンテンツ開発について講演した。

セミナー終了後は、瀬戸内産品の試食会を兼ねた、参加者との意見交換会を実施した。

写真左:セミナーの様子
写真中央:鈴木マネージャー
写真右:藤田課長







ページTOPへ