乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • クルーズ最新号のご案内
HOME > クルーズをもっと楽しむプチ技! > スーツケースは名前タグを付け目立つように工夫を
CRUISE最新号

クルーズをもっと楽しむプチ技

知っていると、クルーズがもっと楽しくなる方法や ちょっと得するアイデアをアトランダムに紹介します。 この「プチ技」でクルーズはもっと有意義になるかもしれません!

#42
スーツケースは名前タグを付け
目立つように工夫を

国内でもフライ&クルーズでも、スーツケースはなるべく目立つようにしましょう。飛行機だけでなく、船に乗船するときはスーツケースをいったん預けて客室まで運んでもらいますし、下船の時も前夜にスーツケースを預け、翌日、港でずらりと並んだ中から自分のものを探します。

客室番号や名前のタグが外れて荷物が迷子になったり、荷物が客室前に置かれた場合、隣の客室の人が間違えて自分の客室に入れてしまうということもあり得ます。確実に手元に荷物が届くようにするには、スーツケースのタグはしっかりと付け、外国船の場合は名前もローマ字で書きます。

色や形が目立たないスーツケースは、ハンカチを結んだり、シールを張ったりして特徴を出すようにするのがコツです。そうすれば見間違いで違うところに運ばれることもなく、万が一、スーツケースが紛失しても、その特徴を説明すれば見つかりやすくなります。


#40 船が気に入ったら船上予約をしてみよう

(文=クルーズ・ジャーナリスト藤原暢子 イラスト=小田切ヒサヒト)


ページTOPへ