乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • クルーズ最新号のご案内
HOME > クルーズをもっと楽しむプチ技! > クルーズ中の温度差はこうやって乗り切る
CRUISE最新号

クルーズをもっと楽しむプチ技

知っていると、クルーズがもっと楽しくなる方法や ちょっと得するアイデアをアトランダムに紹介します。 この「プチ技」でクルーズはもっと有意義になるかもしれません!

#45
クルーズ中の温度差は
こうやって乗り切る

クルーズはドレスコードがあるか、もしあればフォーマルは何回あるかなど、もともと服装のことが気になるもの。どう着飾るかも重要なことですが、気温のことも考えるよう心がけましょう。

たとえば春の10日間の日本周遊クルーズ。すでに桜が散った寄港地もあれば、北に向かえば満開のタイミングに間に合うこともあります。日本を10日間めぐるだけでも、かなり気温が違うことに気づくでしょう。さらに寄港地を歩く日中、冷房が効いた船内、風の強いデッキなど、場所や時間帯によっても、かなりの温度差があります。

洋服選びのポイントとなるのが重ね着。薄めの長袖シャツ、カーディガン、風を遮るアウター、ストールなど、かさばらないものをいくつか持っていくのがおすすめです。
寄港地が暑くても、「寄港地ツアーのバスが冷えているかも」など先回りして考え、着るもので温度調節できるようにしましょう。



#44 乗客同士の声かけで船上生活を快適に

(文=クルーズ・ジャーナリスト藤原暢子 イラスト=小田切ヒサヒト)


ページTOPへ