乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > 特集INDEX > 子連れ・孫連れ ファミリー・クルーズ ファミリーにおすすめの船会社 コスタクルーズ
コスタクルーズ
ビビッドな黄色いファンネルがコスタの目印。デッキチェアが並び、バーもあるプールデッキは、「コスタ ネオロマンチカ」を象徴する場所のひとつだ
13歳未満無料――コスタクルーズはまさにファミリーに優しい船会社だ。
コストパフォーマンスだけでなく、船内のサービスもイベントも、雰囲気も。
日本発着クルーズに子供たちを連れて乗船、その実体験をつづろう。
(写真=吉田友和 文=吉田絵里)

コスタクルーズの子供割引

大人2名と同室の13歳未満の子供は無料。1室(内側・海側客室のみ)につき2名(大人1名・子供1名)利用の場合、13歳未満の子供は半額。

コスタクルーズの子供向け施設

3歳以上なら無料で預けられるキッズルーム「スクウォッククラブ」がある(無料)。
3歳未満は親の付き添いが必要。

 乗船前に宅配便でスーツケースを送ろうと思っていたのに、結局間に合わなかった。自分の段取りの悪さを呪いつつ、出航当日に子供とともにスーツケースをタクシーにのせて東京港に向かうと、1時間足らずで到着した。ターミナル前でスーツケースを預けたら、あっさりと身軽に。これなら事前に荷物を宅配便で送らなくても大丈夫だったと、胸をなでおろす。ターミナルでの待ち時間もほぼなし。子連れの旅ながら、こんな楽な旅立ちはないと思った。

 いざ乗船すると、クルーが子供たちに風船を配っていた。わが子たちは「私はピンク!」「紫がいい!」と口々に言いながら大喜び。ささいなことだけど、乗船から歓迎されていると感じるもてなしだ。

 乗船した「コスタ ネオロマンチカ」はイタリアを拠点にするコスタクルーズの客船。同社が東京や横浜、そして福岡、舞鶴、金沢発着で大規模な日本発着を実施して今年で4年目だ。大人2人と同室の13歳未満が無料という設定からも、ファミリーにもオープンな船会社であることは間違いない。

 乗船直後、プールデッキを散策すると「早くプールに入りたい!」とせがむ、子供たちの元気な声がさっそく響いていた。


せっかくのファミリー・クルーズだから
食も客室も、ぜいたくな選択を

 乗船したクルーズは梅雨時の6月で、旅に最適とは言いがたい時期。しかし日本人はもちろん、外国人も未就学児を中心に予想以上に多くの子連れ乗客がいて、なんと満船だという。

 乗り込んだ乗客たちは、まずはスマートフォン片手に船内撮影に勤しんでいた。「コスタ ネオロマンチカ」は2012年に大改装した船で、イタリア客船らしくセンスが良い。ダイニングやカフェなど、切り取っても絵になるスペースが多数ある。最近の言葉で言うなら、「映える」船だ。

 今回はスイート客室での滞在となったが、これが大正解。客室は31平方メートルと広く、子供たちは入室早々かくれんぼをしていた。ファミリーだと荷物はどうしても増えるが、収納も広々していて、荷物が散乱することもない。

 スイート客室に付くさまざまな特典も心強かった。例えばメイン・ダイニング。スイート客室専用エリアがあり、行くとすぐに案内してくれたうえ、料理のサーブも素早い。「まだー?」とすぐ口にする子供たちとのクルーズでは、「待たない」ことが非常にありがたかった。ドリンクもオール・インクルーシブなので、ここぞとばかりにお昼からビールをグビリ。

 もし子供が就学していて、ファミリーでのクルーズはせいぜい年に一度なら、スイート客室も選択肢に入れるのがいいと感じた。コスタならそれでもコストパフォーマンスは良いからだ。

 スイート客室の選択もしかり、船内での遊び方、特に食に関しては積極的に体験したい。ミシュラン三つ星シェフが監修するイタリア料理「リストランテ カサノヴァ」、ステーキハウス「ラ・フィオレンティーナ」というふたつの有料レストランは、味も雰囲気も料金に見合う。生演奏を聞きながら、巨大なロブスターや、繊細な手長エビのカルパッチョを味わう時間は、実にぜいたくだった。

 ちなみに子供は3歳以上ならキッズクラブ「スクウォッククラブ」に預けることもできるし、有料レストランでもキッズメニューは無料だから、同行させても大人分しか料金はかからない。

 そして忘れてはいけないのがピザ! 同船では洋上で唯一、薪で焼く本格的なピザ釜がある。ピザ釜の上にはスプリンクラーがあり、シェフいわく「万一火が出ても、すぐ消し止められる」。これだけの設備のもと作られたピザは、コスタのピザにかける意地が伝わってくるようで、おいしくないわけない。大人はもちろん、子供も夢中になって頬張っていた。

 料金はステーキハウスが40ドル、イタリア料理が59ドル、ピザが8・5ドル?。ダイニングなら無料だが、これもたまのファミリー・クルーズだからと散財した。下船直前まで領収書は届かないから、それまでは夢を見ながら……!

チョコレートバー
イタリアの街中にあるカフェのようなチョコレートバー。イリーのコーヒーのほか、ジェラートも楽しめて子供にも人気。
ステーキハウス「ラ・フィオレンティーナ」
ステーキハウス「ラ・フィオレンティーナ」は内装も美しい。食事時間には生演奏も。
ステーキハウス「ラ・フィオレンティーナ」
ステーキハウス「ラ・フィオレンティーナ」。各種ステーキはもちろんのこと、ロブスターのグリルも美味。
イタリア料理「リストランテ カサノヴァ」
ミシュランの三つ星シェフであるウンベルト・ボンバーナ氏が監修したイタリア料理「リストランテ カサノヴァ」。繊細で目でも楽しめるフルコースが楽しめる。
船上唯一のピザ釜
船上唯一のピザ釜。焼きたてが瞬時に運ばれてくる。
スイート客室
スイート客室は子連れでもゆったり。ソファが2段ベッドになる。
スイート客室専用のアフタヌーンティー
スイート客室専用のアフタヌーンティーが用意されていた日も。同船はケーキが美味。

コスタクルーズのサイトへ

ページTOPへ