乗るまで待てない! WEBクルーズ
  • ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 客船データベース
  • 出版物のご案内
HOME > 特集INDEX > 子連れ・孫連れ ファミリー・クルーズ ファミリーにおすすめの船会社 コスタクルーズ
コスタクルーズ
乗客同士が声をかけやすい
サイズ感と距離感、ともに心地よい船

 「コスタ ネオロマンチカ」は5万7150トン。乗客同士、顔なじみになれる「ちょうどいいサイズ」だ。子供を連れていると特にこのサイズが心地よい。

 実際、顔なじみになる施設やイベントが多くある。子供向け施設「スクウォッククラブ」は3歳以上が対象で、それ以下の子供は親の付き添いが必要。だから3歳未満の子供を持つ親同士、付き添いしつつ「どこから来たんですか?」なんて、おしゃべりに花が咲く。

 子供向けイベントも船内新聞に多数記載されている。「スクウォッククラブ」自体はさほど広くはないが、広々とした船尾のディスコでビンゴ大会やドレス作りの工作教室なども開かれていた。ドレス作りではクルーが幼児に対して「ハサミは大人が使ってね」など伝えていて、こなれている印象だ。

 感心したのが、専任のクルーであるアニメーターが、日本語に通じていて、イベントなども日本語でサポートしていたこと。特に中国人のアニメーターは、NHKの2020応援ソングである『パプリカ』まで歌えて、毎朝この曲を聴いて踊っているわが子は、すっかりファンになっていた。「どこで日本語を勉強したのですか」と聞くと、「船上で。日本人のお客さまが多いですから」とこともなげに答えるので、さすが日本発着を行う客船だとさらに感心した。

 こうしたイベントで同じ世代の子を持つ親同士の輪が広がっていきつつ、一方で「うちの孫も同じぐらいの歳よ」と乗客の方に声をかけてもらう機会も多くあった。

 「コスタ ネオロマンチカ」には乗客が参加できる多数のパーティーがあり、特に夜は船内が社交場になる。子供も宵っ張りになってしまうのが玉にきずだが、わが家はその分、朝寝坊したり昼寝をしたりしていた。夜には「ホワイトナイト」「トロピカルナイト」などテーマナイトもあり、子供と一緒におめかしし、社交するのも楽しいからだ。テーマが「仮面」の日、子供が画用紙や折り紙で作った手作りの仮面をつけていたら、乗客の方々が褒めてくれた。

 近年の大型客船に多い、吹き抜けの大きなシアターがないのも、この船に心地よい距離感をもたらしている一因かもしれない。クルーたちによるダンス教室も距離が近く、子連れでも気楽に参加できる雰囲気だ。一方でダンサーやシンガーのショーは眼前で見られて迫力満点。普段はじっと座っていられないわが子も、あまりの迫力に食い入るように最後まで見入っていた。ショーの後、「大きくなったらダンサーになりたい」と口にしたのは言うまでもない。

特別ディナー
スクウォッククラブでは、専門のチャイルド・アニメーターが子供の相手をしてくれる。
特別ディナー
クルーたちによるダンス教室では、子供たちも参加できる気楽な雰囲気。
特別ディナー
フォーマルの日は子供たちもおめかし。
子連れ・孫連れの旅こそ、
クルーズが最高

 「コスタ ネオロマンチカ」の日本発着では、多くの魅力的な寄港地が含まれている。ただし今回は寄港地で過ごすのは半日程度、あとは船内を満喫した。子供の体力を考えた一方で、船内も快適だったからだ。プールには子供サイズのライフジャケットが多数あるし、ダイニングにも子供用チェアが用意されていた。

 客船のウエーターは子持ちも多く、子供の扱いには慣れている。担当ウエーターはまさに同じ歳の子がいると言い、わが子が少しでもぐずると、慌てて飛んできて世話をしてくれた。「なんだか自分の子が泣いているような気分になるんです」と笑いながら。

 子供連れの旅では何かと周囲に気を遣い、大人が疲れてしまうこともある。ただし今回はむしろ、温かい目で見守ってもらっていると感じるシーンが多かった。子連れの旅こそクルーズが最高――その思いを深めた「コスタ ネオロマンチカ」での船旅だった。

取材メモ
高知・宮崎・釜山 片道クルーズ
● 日程:2019年6月23日(日)~28日(金)
● コース:東京~神戸~高知~
  佐世保(※油津から航路変更)~釜山~福岡
  ※取材は東京~釜山
● クルーズ代金:
  7万9800円(内側、Welcome Price)~、
  17万6800円(スイート、Welcome Price)
● 船名:コスタ ネオロマンチカ(コスタクルーズ)
● 総トン数:5万7150トン
● 乗客定員:1,800人/乗組員数:622人
● https://www.costajapan.com

カクテルパーティー
クルーズ中には、船長主催のカクテルパーティーも。同社の船長はイタリア人が多い。
「コスタ ネオロマンチカ」
「コスタ ネオロマンチカ」外観。黄色いファンネルにずらりと並ぶ丸窓が目印だ。

フューチャークルーズ・インフォーメーション
「釜山・済州島をぐるっと1周 横浜~福岡片道クルーズ」 5泊6日 
2020年6月7(日) ~12日(金)
内側クラシック 通常代金 7万9800円~ → my first costa割 代金 5万5800円~
(※2019年12月31日までの予約に適用)

コスタクルーズのサイトへ

ページTOPへ